Saturn

レア

Rhea2.jpg

レアに関する事実

レアは 土星に知られている14番目の衛星で、2番目に大きいです:

土星からの距離:527,040 km
          直径:1530 km
          質量:2.49e21 kg

「リーア」と発音します。

ギリシャ神話で、レアはクロヌス(ウラヌス)の妹・妻であり、デメテル、 ハデス(プルート)、ヘラ、ヘスチア、ポセイドン(ネプチューン)、ゼウス(ジュピター)の母です。<img src="https://planet.logue.be/?cmd=ref&page=Rhea" alt="rhea.jpg" title="rhea.jpg" class="" width="119" height="200" />

1672年、カッシーニによって発見されました。

少し大きいことを除けは、レアは ディオネと非常によく似ています。 どちらも同じような組成、アルベト値の差による模様、多様性のある地形を持っています。どちらも同期して軌道を回っており、前側と後ろ側の半球は異なった形態をしています。

rhea2.gifレアは主に水性の氷と、質量の1/3以下の岩石からできています。

後ろ側の半球には、暗い背景に網目状の線状痕があり、クレーターはほとんど見られません(写真 4)。

前側の半球は非常にクレーターが多く、均一に明るいです (写真 1、上)。カリストと同様に、レアのクレーターには水星に見られるような高い凹凸がありません。

レアの歴史は、おそらくディオネの歴史に非常に似通っているようです。rhea3.gif

レアに関するもっと詳しい情報

未解決の問題

  • レアの表面の特徴はディオネはほとんど同じに見えますが、なぜレアの方が2倍も大きいのでしょう?なぜ二つの星はこのように似ているのでしょうか?