Saturn

フェーベ(Phoebe

phoebe.jpg 土星 IX

フェーベにについてわかっていること

フェーベは土星に知られている衛星で、一番外側にあります:

土星からの距離:12,952,000 km
          直径:220 km
          質量:4.0e18 kg

フェーベは、その隣の衛星 (イアペトゥス)より、4倍も土星から遠い ところを回っています。

「フィービー」と発音します。

フェーベは、ウラヌスガイアの娘で、アポロの姉妹です。

1898年、 ピカリングにより発見されました。

ボイジャー以来2004年6月11日に、カッシーニが土星の軌道に乗るために接近し、はるか高い解像度の画像を送ってきました。

土星の他の衛星はたいてい明るいのですが、フェーベのアルベド値はたいへん低く(0.05)、まるで油煙のように真っ黒です。

フェーベとイアペトゥス以外の土星の衛星は、土星の赤道面とほとんど同じ面に軌道がありますが、フェーベの軌道はほとんど175度も傾いています(フェーベの北極は、土星の北極の反対側を向いています)。

フェーベの偏心的で逆方向の軌道と、異常なアルベド値は、フェーベが捕捉された 小惑星か カイパー・ベルトの天体かもしれないことを示しています。カッシーニは、2004年の接近飛行でCOPluginRenderer::executePluginInline(): &sup(2)氷の検出したことからこれを裏付けました。(COPluginRenderer::executePluginInline(): &sup(2)の検出は、それが捕らえられたアステロイドだったかもしれないという初期の概念を除外します。)フェーベが冥王星とトリトンは、化学上似ているように見えます。それは恐らく、まさに原始太陽系の化学物質に非常に似ています

フェーベはまた、ハイペリオン以外の土星の衛星と同じ様な 同期型の自転をしていないことでも特異です。

微細な彗星衝突でフェーベからはじき出された物質が、ハイペリオンや、イアペトゥスの前方半球の暗い表面の原因となっているかもしれません。

フェーベに関するもっと詳しい情報

未解決の問題

  • フェーベの軌道はなぜこのように特異なのでしょうか?
  • フェーベは本当に ヒペリオンや イアペトゥスの前方半球の暗い物質の源なのでしょうか?
  • フェーベは、実際に私たちの原始太陽系のほとんどの遺物でしょうか。そうならば、それはその時間ぐらい私たちに何を伝えることができますか?