FrontPage

フォボス

Phobos.jpg

フォボスについてわかっていること

フォボスは、火星の二つの月のうち、内側で大きい方です。フォボスは、火星の表面の6000km未満上空に位置しており、、太陽系中の他の月より内側にあります。また、太陽系で最も小さな月のうちの1つです。

 火星の中心からの距離: 9378 km
                 直径: 22.2 km (27 x 21.6 x 18.8)
                 質量: 1.08e16 kg

ギリシャ神話では、フォボスは、アレス(火星)とアフロディテ(金星)の息子の一人です。 「フォボス」という単語は、ギリシャ語で「恐怖」を表します。(恐怖症(phobia)の語源です。)

1877年8月12日、ホール(Hall)によって、発見され、 1977年、バイキング1号によって写真が 撮影されました。

フォボスは、静止軌道の内側をまわっています. フォボスは、たいてい1日に2回、西から昇って非常に早い速度で空を移動し東に沈みます。 非常に地表に近いため、火星表面のどこからでも見えるわけではなく、水平線の下に隠れていることもあります。

フォボスは、いずれ壊れる運命にあります。:なぜなら、フォボスの軌道が静止軌道の内側であるため、 潮汐力がフォボスを火星の方に引っ張るからです。1億年以内に、フォボス は破砕されて火星の輪になるか、火星表面に激突するでしょう。

フォボスとデイモス は、 C-タイプの小惑星のように 炭素を多く含む岩石からできていると思われます。しかし、その密度は、 非常に低く、純粋な岩石ではありません。おそらく岩石と氷の 混合物で構成されています。両方は極度にへこんでいます。マーズ・グローバル・サーベイヤーからの新しいイメージは、月の表土に似ていて、厚さ約1メーターのほこりの層で覆われていることを示します。

旧ソビエトの宇宙探査機フォボス 2号 は、かすかですが安定して気体が噴出していることを発見しました。 残念なことに、フォボス 2号は、その物質(水の可能性が最も高い)の性質を明らかに するまえに故障しました。

フォボスの最大の特徴は、スティックニー(Stickney,発見者A.ホールの妻の旧姓) と名付けられた大きなクレータ-です。(規模はこちらの方が小さいですが) ミマス のハーシェル(Herschel)クレーター ように、スティックニーを形成した衝撃は、フォボスをほとんど粉々に破壊 するところでした。表面の溝と筋も、おそらくスティックニーのできた衝撃によって できたものです。

フォボスとデイモスは、火星軌道に捕捉された小惑星であると 広く考えられています。主小惑星帯ではなく,太陽系の外に、その起源をもとめる 考えもあります。

フォボスとデイモスは、将来、火星を調査するための「宇宙ステーション」や火星表面に向かう中継所として利用されるかもしれません:特に、氷の存在が確認されたなら。

フォボスに関するもっと詳しい情報

未解決の問題

  • フォボスとデイモスは,どこか他の所で形作られ,その後,火星に捕えられた ように考えられます。しかし,どのようにして捕えられたのでしょうか?また,大昔の薄い大気が それを可能にしたのでしょうか?