Saturn

パンとアトラス

パン(Pan)

Pan.jpg パン (土星 XVIII) は、土星の一番内側の衛星です:

土星からの距離:133,583 km
          直径:20 km
          別名:1981 S 13

パンは森・野原・羊の神で、人間の胴体と頭・山羊の足・角・耳を持っています。

1990年、マーク・R・ショーアルターにより、 ボイジャーの写真から 発見されました。

パンは、土星のA環のエンケ間隙の中に内側にあります。

環の近くの小さな月は、環に波状のパターンを作ります。パンの発見以前に、A環のパターンの分析から小さな月の大きさと位置が予測されました。10年前のボイジャーの写真をもう一度調べてみて、予測された位置にパンが発見されたのです。

土星の環の中には、まだ発見されていない月がもっとあるかもしれません。

アトラス(Atlas)

atlas.gif

アトラス (土星 XV) は、土星に知られている2番目の衛星です:

土星からの距離:137,670 km
          直径:30 km (40 x 20)
          別名:1980 S 28

アトラスは巨人で、その肩に天を載せて支えるよう、ゼウスに命じられました;イァペトゥスと妖精クリメネの息子で、プロメテウス・エピメテウスの兄弟です。

1980年、R・テリルにより、 ボイジャーの写真から発見されました。

アトラスはA環の羊飼い衛星と考えられています。

未解決の問題

  • 土星の環と関連して、これらの月はどのような役割を果たしているのでしょうか?
  • これらの月に関して、私たちはほとんど何も知りません。基本的な質量や大きさのデータも非常に正確とは言えません。
  • パンとアトラスは、内部構造ではプロメテウスと似ているのでしょうか?