Uranus

オベロン(Oberon

oberon.gif

Uranus IV

オベロンについてわかっていること

オベロンは、天王星の衛星として知られているうちで、最も外側の軌道をまわっており、大きさは大きい方から数えて2番目です。 天王星からの距離: 583,420 km 直径: 1523 km 質量: 3.03e21 kg

発音は "オー バ ロン" となります。

オベロンとはシェークスピアの 「真夏の夜の夢」 に出てくる妖精の王で、妖精の女王ティタニアの夫です。

1787年に ハーシェル によって発見されました。

オベロンとウンブリエルはそっくりに見えますが、オベロンの方が35%大きい衛星です。天王星の大衛星はどれも40-50%が氷、残りが岩でできており、その岩は土星の大衛星、たとえばレアを構成しているものより、やや大きくなっています。

<img src="https://planet.logue.be/?cmd=ref&page=Oberon" alt="oberon.gif" title="oberon.gif" class="" width="150" height="150" />オベロンのクレーターだらけの表面は、おそらくオベロンが生まれた当初から固かったと思われます。オベロンにはアリエルティタニアにあるものよりずっと大型のクレーターがありまた数もはるかにたくさんあります。そのなかには、カリスト表面に見られるような、噴出物が放射状に流れたあとを持つものもあります。

底面が暗く見えるクレーターもありますが、黒っぽい物質(にごった水?)がクレーターのなかで噴き出して溜まっているためと考えられています。

長大な断層が、オベロンの南半球全体を横切っているのも見えます。この断層は、オベロンが形づくられて間もない時期に起きた地質活動を表しています。

上の写真では 周辺に山がひとつ見えます。この山の高さは 6 km です。

オベロンの詳細

まだわかっていない謎

  • アリエルティタニアの表面は、部分的にせよ新しくなっているのに、なぜオベロンとウンブリエルはできてからずっと不活性であったように見えるのでしょうか。