Neptune

ラリッサ

larissa.gif

海王星 VII

ラリッサについてわかっていること

ラリッサは海王星の知られている衛星のうち、内側から5番目の衛星です。

海王星からの距離: 73,600 km
            直径: 193 km (208 x 178)
            別名 1989 N 2, 1981 N 1

英語では "LA ree suh" と発音します。

ラリッサはポセイドン(ネプチューン:海王星)の妻で、 ペラスグスの母親です。

ラリッサは「公式」には 1989 年に ボイジャー 2号が 発見したことになっていますが、 1981 年にデイブ・ソレンとその仲間たちが 恒星による掩蔽で観測していました。

ラリッサはプロテウスと同じように、いびつな形(球状でない) をしていて、表面には多くのクレーターがあります。

ラリッサに関するより多くの情報

まだわかっていないこと

ラリッサのことはほとんど何もわかっていません。