Saturn

ヤヌス

Janus.jpg

ヤヌスについてわかっていること

ヤヌスは、土星に知られている6番目の衛星です:

土星からの距離:151,472 km
          直径:178 km (196 x 192 x 150)
          質量:2.01e18 kg
          別名:1980 S 1

英語では「ジェイナス」と発音します。

ヤヌスは、門や扉の神で、二つの顔が反対側を向いたように描かれます;英語の「1月(January)」の語源でもあります。

フランスの天文学者、オードウィン・ドルフュスにより、1966年に発見されました。

ドルフュスがヤヌスの発見者とされていますが、彼が観測したのがヤヌスなのか エピメテウス なのかははっきりしていません。 1978年、ラーソンとファウンテンが、土星から15100km離れたところには、実際は二つの月があることを観測しました。 1980年に、宇宙探査機ボイジャーが土星に到着して初めて、二つの衛星を区別するための正確な位置がわかりました。

janus2.gifヤヌスとエピメテウスは「共有軌道」にあります。ヤヌスとエピメテウスの軌道半径は50kmしか差がなく、それぞれの衛星の直径よりもわずかな差です。したがって軌道速度はほとんど同じで、速い方が遅い方をゆっくりと追い越します。二つの星は接近するにつれて、運動量の一部を交換します。その結果、低い軌道にある衛星は加速して高い軌道へ、高い軌道にある方は低い軌道へと移動します。このようにしてこの二つの衛星は軌道をいれかえるのです。入れ替えはだいたい4年に1度、起こります。ここで示す軌道のデータは、ボイジャーが接近した時のものです。

ヤヌスには非常にクレーターが多く、そのうちいくつかは直径が30km以上あります。しかし線条はほとんどありません。その表面はプロメテウスよりも古く、パンドラよりも若いようです。

ヤヌスに関するもっと詳しい情報

未解決の問題

  • ヤヌスについては、ほとんど何も知られていません。
  • エピメテウスとの共有軌道は、安定しているのでしょうか?