Saturn

ハイペリオン

hyperion1.gif

土星 IV

ハイペリオンについてわかっていること

ハイペリオンは、土星に知られている16番目の衛星です。

土星からの距離:1,481,100 km
          直径:286 km (410 x 260 x 220)
          質量:1.77e19 kg

「ハイピーリアン」と発音します。

ギリシャ神話では、ハイペリオンは巨人族で、ガイアとウラヌスの子供で、ヘリオスの父です。

1848年にボンドとラッセルにより発見されました。

ハイペリオンは、太陽系の非整形(非球形)の物体で一番大きいです。プロテウスがかなり大きいのですが、そちらはほとんど球形です。ハイペリオンが大昔の大規模なインパクトによって壊された大きな破片のようにも見えます。

土星の他の月と同じように、ハイペリオンの密度は低く、水性の氷とごくわずかな岩石でできていることを示しています。

しかし土星の他の月とは異なり、ハイペリオンは低いアルベト値(.2 - .3)をしています。 これは表面がなにか暗い物質で覆われていることを示しています。その物質はフェーベ(ずっと暗い)がイアペトゥスの近くを通過した際、そこからもたらされたものかもしれません。hyperion2.gif

観測衛星ボイジャーからの画像は、ハイペリオンの自転が不規則であることを示しました。すなわちハイペリオンの自転速度や方向はまったく予想不可能ということです。太陽系で他に不規則な自転をする天体は、他にはアステロイド4179:トータティスが知られています。しかし、シミュレーションでは、過去に不規則だった衛星があったかもしれないことを示しています。ハイペリオンそのものが非常に(いびつ)な形だという点においも独特です。離心率が高く、また別の大きな衛星(タイタン)にも近いなどと安定した軌道を保てないというのもあるかもしれません。タイタンとハイペリオンの3:4の共振軌道は、さらに不規則な自転に結びつけてるのかもしれません。

これはハイペリオンの表面が、全体的に均一なことを説明しているのかも知れません。土星の他の惑星は、対照的に軌道運行の前面半球と後面半球で異なった表面をしています。

ハイペリオンに関するもっと詳しい情報

未解決の問題

  • ハイペリオンの自転はなぜこのように奇妙なのでしょうか?なぜそれは土星の他の衛星のように同期的に固定されていないのでしょうか? それはハイペリオンの不整な形と関係があるのでしょうか?
  • ハイペリオンの軌道は、いくぶん偏心的です。他の小型の不整形の衛星群(それらについてはほとんどデータがありません)で、偏心的な軌道をもつものも、やはりカオス的な自転をしているのでしょうか?