Jupiter

ガニメデ

Ganymede460.gif

ガニメデについてわかっていること

ガニメデは木星に知られている衛星の7番目で、一番大きい衛星です。

木星からの距離:1,070,000 km
          直径:5262 km
          質量:1.48e23 kg

ガニメデはガリレオ衛星の3番目です。

ガニメデはトロヤ国のたいへんな美少年で、ゼウスが、神々のお酌(しゃく)をさせようと連れ去りました。

ガリレオと マリウスにより、1610年に発見されました。

ガニメデは太陽系で一番大きな衛星です。直径では水星より大きいが、質量は半分しかありません。ガニメデは衛星ですが、惑星である冥王星よりもずっと大きい天体です。

ガニメデと[[カリスト>は岩石の核と、それをとりまく水、あるいは水性の氷、それと氷の表面でできていると思われます も同様のものと考えられています。

ガリレオがガニメデの探査をする前、ガニメデとカリストは、水あるいはアイスケーキのような大きなマントルに囲まれた岩の核の2種類の地層からできていると考えられていました。(タイタントリトンは類似するものと考えられていました)ガリレオ・データからの予備表示は、カリストが一定の構成を持っており、その一方でガニメデが3つの層構造へ区別されていることを今示唆します: 外側が氷で、その下に岩のケイ酸塩マントルに囲まれた、一部が溶けている鉄か硫化鉄の核を持っているように思われます。実際、ガニメデは、氷の付加的な外部の層を備えたイオに似ているかもしれません。

たいへん 古くクレーターの多い暗い領域(写真5)と、それよりいくらか若くて(とはいってもやはり古いもの)より明るく見える領域で、溝や山脈が広範囲に広がっている部分(写真4)の2種類です。溝や山脈の起源は明らかに地質構造学的なものですが、詳細は不明です。この点では、ガニメデは金星火星より、地球と似ているかも知れません。

同様の山脈と溝の構造は、エンケラドゥスミランダアリエルにも見られます。暗い領域はカリストの表面と同じ様なものです。

新旧どちらの地層にも、広範囲にクレーターが見られます。クレーターの密度は、表面の年齢が3億年から3.5億年で、月とほぼ同じであることを示しています。クレーターは溝の網目と重なり合い、分断されていて、溝もまたとても古い構造であることを示しています。

しかし、月と違って、ガニメデのクレーターは非常に平たく、月や水星のクレーターに見られるような輪状の山脈や中央の陥没がありません。これはおそらくガニメデの氷の地殻が弱く、地質学的な時間の間に流れてしまって、凹凸を柔らげたものと思われます(写真6)。

ガリレオによるガニメデの最初の接近飛行では、ガニメデが木星の大きなものの内部でそれ自身の磁気圏フィールドを埋め込むことを発見しました。これは、恐らく地球への同様の方法の中で生成されます: 内部中の資料を導く運動の結果

ガニメデに関するもっと詳しい情報

未解決の問題

  • どのようなプロセスで明るい山脈と溝の地形ができたのでしょうか?
  • なぜガニメデとカリストはこんなに異なっているのでしょうか?