Jupiter

エウロパ

europa500.jpg

エウロパについてわかっていること

エウロパは木星に発見されている衛星のうち6番目のもので、衛星の中で4番目の大きさです。エウロパは地球のよりわずかに小さい。

木星からの距離:670,900 km
          直径:3138 km
          質量:4.80e22 kg

エウロパはガリレオ衛星の2番目のものです。

エウロパはフェニキアの王女で、白い雄牛の姿をしたゼウスにより、クレタ島へ誘拐されました。そしてミノスの母となりました。

europa.gifガリレオと マリウスにより、1610年に発見されました。

エウロパとイオは、内部組成が地球型惑星と似ています:ケイ素化合物 を主成分とする岩です。イオと異なり、薄い氷の層で覆われています。ガリレオからのデータによると。恐らく小さな金属の核を備えた階層状の内部構造を持っていることを示します。

しかし、エウロパの表面は、他の内惑星の表面とはまったく異なっており、非常になめらかです:数百メーター以上の凹凸は見られません。唯一の目立った印は アルベド値の差による印だけのようです。

エウロパにクレーターはほとんど見られません;直径5km以上のクレーターは3個しか見つかっていません(写真3)。これはエウロパの表面が若く活動的であることを示しているかもしれません。しかし、2機の観測衛星 ボイジャーは、エウロパの表面のほんの一部分だけを高い 解像度でマッピングしたにすぎません。エウロパの表面の年齢は、未解決の問題です。europa1.gif

europagal.gifエウロパの氷の表面の下には、20kmの深さに達する液体の水の層がある可能性があります。もし事実なら、エウロパは、太陽系ではただ一つ、地球以外に有意な量の水のある場所、ということになるでしょう。

エウロパのもっとも驚くべき特徴は、表面全体を縦横に走っている黒い線条です(写真1、上)。これは、表面下の水の層の凍結と膨張に関係しているかもしれません。しかし、現象が表面全体にわたっていることは、この理論で説明するには範囲が大きすぎるのです。

最近のハッブル望遠鏡による観測で、エウロパは非常に希薄な(1e-11 bar)酸素からなる大気を持っていることがわかりました。太陽系の61個の衛星のうちで、5つだけ(イオガニメデカリストタイタントリトン)が、大気を持っています。エウロパの大気中の酸素は、地球の大気中の酸素のような、生物学的起源によるものではありません。それは、太陽光と、エウロパの氷の表面に衝突した荷電粒子が水蒸気を発生させ、それがさらに水素と酸素に分解してできたものです。水素は大気圏外に飛び去り、酸素が残りました。

europarafts.jpgボイジャーは、エウロパを良好な視界におさめることができませんでした。しかし、ガリレオ・ミッションで最初の2回の近接撮影からの画像では、エウロパの表面が非常に若いという初期の理論をが証明されました。ほとんどクレーターは見られません、ある種の活動が明らかに生じています。地球で春になると、その極の海での氷がで溶けるように、非常に見る地方があります。

エウロパの表面および内部の正確な性質はまだ明らかではありません。しかし、証拠は表面下のには海洋がある可能性が高いです。europa4.jpg

europa.jpgガリレオは、エウロパが弱い磁界(恐らくガニメデの強さの1/4)を持っていることがわかりました。また、面白く、木星の重い磁界によって通過するとともに、それは 周期的に変わります。これは導体がエウロパの表面の下地下にあるという非常に強い証拠です。おそらく塩水のある海洋だと思われます。

エウロパに関するもっと詳しい情報

未解決の問題

  • 表面の氷はどれほど厚いのでしょう?下には液体の水はあるのでしょうか?計画された木星の氷の月オービター宇宙船は見つけ出すかもしれません。
  • 表面の線条は何なのでしょうか? どのようにしてできたのでしょうか?
  • 表面はなぜあのようになめらかなのでしょうか?
  • エウロパはイオのような潮汐力の摩擦によって熱されているようですが、どれくらいでしょうか?氷の下で、火山活動があるのでしょうか?
  • エウロパには、液体の水が存在する可能性があるため、私の生命の存在する可能性のある星のリストに加えられています(可能性は低いですが)。