FrontPage

デイモス

Deimos.jpg

デイモスについてわかっていること

デイモスは火星の2つの衛星のうち、小さく外側にある方の衛星です。

 火星からの距離: 23,459 km
           直径: 12.6 km (15 x 12.2 x 11)
           質量: 1.8e15 kg

ギリシャ神話ではデイモスはアレス(マルス)とアフロディテ(ビーナス)の息子です。 「デイモス」はギリシャ語で「パニック(恐慌状態)」を意味します。

1877年8月10日に ホール によって発見されました。 写真はバイキング 1号が 1977年に撮影しました。

デイモスとフォボスは C型の小惑星のように 炭素を多く含んだ岩と氷からできています。 どちらの衛星にもたくさんのクレーターがあります。

デイモスとフォボスは 木星に 摂動を受けて 軌道を変えられた小惑星が 火星に捕らえられて衛星になったのだと考えられています。

デイモスに関するより多くの情報

未解決の問題

  • デイモスとフォボスがどうやって火星を回る軌道に移ったのかを 説明できる、満足のいく完璧な理論はありません。