Jupiter

カリスト(Callisto

カリストについてわかっていること

カリストは木星木星の8番目の惑星で、2番目に大きいです:

木星からの距離:1,883,000 km
          直径:4800 km
          質量:1.08e23 kg

カリストは ガリレオ衛星の、一番外側のものです。

カリストは妖精で、ゼウスに愛され、ヘラに憎まれました。ヘラは彼女を熊に変え、ゼウスはそれを天空に置き、大熊座の星座にしました。

ガリレオとマリウスにより、1610年に発見されました。

カリストは、大きさは水星よりわずかに小さいだけですが、質量は3分の1です。

ガニメデとと異なりカリストは、内部構造をほとんど持たないように見えます。しかし中心にいくに従って岩石の割合が高くなり、核は部分的に溶けているようです。カリストは約40%の氷および60%の岩/鉄で、タイタントリトンもおそらく同様です。

カリストの表面は完全にクレーターで覆われています。いくつかの大きなクレーターは、同心円状に輪で囲まれています。それらは巨大なひび割れで、永続的な、ゆっくりとした氷の動きでなめらかになっている様に見えます。このようなものの最大のものはヴァルハラ(写真3)と命名されています。表面は火星の高地のようにとても古いものです。

ヴァルハラは、多重輪構造の盆地の最もドラマチックな例です。このような構造は非常に大きな衝突によってできると考えられています。このようなものの他の例として、 月の東の海、 水星のカロリス盆地などがあります。

ガニメデと同じように、カリストの古いクレーターも崩壊しています。そこには 月や 水星では普通に見られるような、高い輪状の山脈や、放射状の線や、中央の窪みがありません。ガリレオからのデータでは、小さなクレーターではほとんど壊滅しており、これはいくつかのプロセスがより最近働いていることを示唆します。

カリストのもう一つの興味深い特徴は、衝突によるクレーターが、長く、一直線に並んだ Gipul Catenaです(写真9)。これはおそらく、木星の近傍を通過中に潮汐力でばらばらになった天体(ちょうど シューメーカー-レビー第9彗星のような)がカリストに衝突してできたものと思われます。

カリストは、とても薄い二酸化炭素からの大気を持っているようです。

複雑な地形を持つガニメデと違って、カリストはほとんど地質構造学的な活動が認められません(写真5)。カリストは、他のもっと複雑な構造の世界を比較するための、よい比較対象になります。 ガニメデと異なり、その複雑な土地で、カリストー上に地殻変動活動を示す証拠はほとんどありません。カリストーがガニメデに容積特性において非常に類似している間、見たところでは、それははるかに単純な地質学上の歴史を持っています。 2つの異なる地質学上の歴史、惑星学者のための重要な問題だった; (それはガニメデの軌道および潮汐力と関係のあるかもしれません)。「単純な」カリストは、他のガリレオ衛星と比較するのによい対象です。

カリストに関するさらに詳しい情報